新会社法 成立の経緯

新会社法、成立の経緯

新会社法 成立の経緯>新会社法Guide トップ

Q 1 - 0.なぜ、新会社法が成立したのですか?

それでは、まずは「新会社法」の概要について、解説をさせていただきます。解説は私「書士太郎」が務めさせていただきます。まず、今回施行される「会社法」ですが、これは昨年制定されたばかりの全く新しい法律です。

えっ、そうなんですか? いや、これまででも本屋に『会社法』というタイトルの本があったのを見たことがあるのですが

ええ、そういうタイトルの本も確かにありました。しかし、実はこれまでは、ズバリ「会社法」という名前の法律は無かったのです。

従来は、会社に関するルールを定めた法律として「商法の第2編」や「有限会社法」「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」などがありました。これらの法律を便宜上、ひとまとめにして「会社法」と呼んでいただけなのです。

なるほど、これまでの「会社法」は通称名だったのですね。でも、それならなぜ、今になって新しく「会社法」をつくる必要があったのですか?

一言で言うと、これまでの「会社法」が、時代遅れになっていたからです。これまでの「会社法」のベースになっていたのは「商法の第2編」なのですが、これが明治33年にできた古い法律だったため、だんだん時代に合わなくなって来ていました。そこで、あちこち改正したり、追加で法律を作ったりしたのですが、その結果、ツギハギだらけのモザイクのように、会社に関するルールが別々の法律で定められていたのです。しかも、条文は漢字カタカナ混じりで、非常に読みにくくなっていたのですね。

そこで、昨年になってようやく、最近の社会経済情勢の変化にも対応するため、それまでの会社に関する法律の内容を体系的かつ抜本的に見直し、条文も漢字ひらがなまじりに改め、まったく新しい法律として「会社法」が誕生したのです。

よくわかりました。それでは、「新会社法」の中身を教えていただけますか?

いいですよ、それでは、「新会社法の要点」の説明に移ります。

新会社法成立の経緯-p

会社法を活用するための経営者のみなさんや起業家のみなさんの参考となれば幸いです。是非ご活用下さい。
Copyright (c) 2006 新・会社法Guide. All Rights Reserved.


目次へ

新会社法Guide トップページへ戻る

1 - 0

タイトル枠
上部枠
左ピンポイント画像